売り主と買い主の認識の違い

中古一戸建ての購入を決めると、売り主との売買契約の締結に先立って仲介会社の担当者(宅地建物取引主任者)から「重要事項説明」を受けることになっています。このとき手渡される書面(重要事項説明書)には、登記簿面積と実測面積が併記されており、通常は同じ面積となっています。ただ、古くからある住宅地では、異なることがあります。測量技術が未熟だったり、長い年月の間に隣地との境界があいまいになっていたりしていることがあるからです。異なる場合は仲介会社に理由を問いただし、納得がいくまで説明を受けるようにしましょう。特に隣地との境界が不確定の場合は、取得後に隣地の所有者との間でトラブルに発展しかねないので、仲介会社の交渉を待って、確定した段階で契約を結ぶことが大切です。

また、売買契約に際しては、実際に利用するのは実測面積ですから、実測面積に基づいて売買金額を決定します。第二点は将来の建て替えや増改築が可能かどうかを確認することです。敷地の道路付けなどの建築規制によって、建てられる建物の大きさが決められていると述べました。中古一戸建てでは旧規制に基づいて建てられているため、新しい規制下では同じ大きさの建物を建てることができない場合があります。再建築、増改築時にどのような規制を受けるのかは、重要事項説明時に仲介会社は必ず説明することになっていますが、自分からもしっかり聞くようにしてください。

第三点は住宅に設置してある設備や備品を売り主が置いていくのかどうかを確認することです。中古住宅では、門、塀、庭木、庭石、襖、照明器具、エアコンなどが設置されていますが、売り主と買い主の認識の違いが生じることがあります。「庭が気に入って購入したのに、庭木も庭石も残されていなかった」と後日トラブルが発生するケースが少なくありません。これらの取り扱いについては、売買契約時に「付帯設備一覧表」などの書面にして、何を残し、何を撤去していくのかをあらかじめ決めておくことが大切です。また、エアコンやガスレンジなどの設備機器については、使用が可能かどうかを確認し、書面に明記してもらうようにします。


不動産を購入する場合、みなさんは普通不動産会社やインターネットを通じて不動産情報を見ますよね?この不動産素敵だな!この物件上等だな!ここは駅から近くて値段も安くて敷金礼金ゼロだなんて,すごい魅力的な物件を不動産会社は数多く掲載しています。その情報をもとに不動産会社に行ったら,「つい先日まで空いていたいんですけど,契約されちゃいました」なんて事言われたことありませんか?実はその不動産物件はおとり物件というものなんです。おとり物件とは不動産会社に足を運んでもらうために,不動産会社が建物はあるけど嘘の情報は提示している事をおとり物件と言います。なぜそのような事をやるのかというと,出来るだけ多くの人に立ち寄ってもらい,そのウソの情報よりもランクは落ちますが類似する物件を提案して契約させるというとても卑怯な方法なんです。不動産を探す気は騙されない用にしましょう!当店ではそんな不動産業界の事情をこっそり教えます。

大阪と京都の中間に位置する街,大阪府高槻市。その立地柄,大阪府と京都府のどちらへもアクセスしやすく,両府のベッドタウン的な役割を担っています。大阪府内でも4位の面積を有しており,市内の30%が住宅地となっているほか,70%ほどは市街化調整区域となっております。高槻市は古墳が数多く発掘されているエリアで,歴史的建造物が多いのが特徴です。歴史スポットを散策できるハイキングコースなどもありますので,自然にも街の歴史にも触れあいたいという方にはたいへんオススメの住環境が整っております。当社では,そんな高槻市中古マンション情報をはじめとした,不動産情報を豊富に取り扱っております。高槻市内でマイホームの購入をお考えでしたら,ぜひお気軽にご連絡くださいませ。

伊丹市は兵庫県南東部にあり,周囲は兵庫県尼崎・西宮・宝塚・川西各市や大阪府の豊中・池田両市と接しております。大阪市からは約10キロメートルと近く,大阪の衛星都市の一つとも位置づけられています。地形は全体に平坦で,東部に猪名川,西部に武庫川という2つの大きな川が市内を流れております。伊丹市は大阪国際空港(伊丹空港)がある街としても知られています。直行便の市バス(駅から空港までの所要時間20分)も運行しており,空にも近い市となっています。そんな交通利便性の高い伊丹市で賃貸物件をお探しでしたら,「新伊丹駅」がおすすめ。新伊丹駅は阪急電鉄伊丹線の駅で,駅周辺にはスーパーや郵便局,小中学校もありますので,安心して賃貸物件をお探しいただけます。ぜひご検討下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>